アパートと道路

震災から復旧した尼崎

尼崎市は阪神・淡路大震災で被災を免れた地域の一つです。一部の地域で被災を受けたのですが、電車にしても尼崎までは当時も問題なく通じていたぐらいです。 従って、阪神・淡路大震災以降は、被災を受けた神戸、三宮方面からのマンション需要が高まりました。 不動産業界もこうしたいわば特需に対して尼崎でマンションを供給するなど対応してきたところで、兵庫県なども公的賃貸住宅を供給してきたという実績があります。 当時はたしかにそれだけの需要があり、復興には時間がかかるということから実際に入居をする人も多く、不動産的には非常に景気が良かった時代があったということになります。尼崎はもともと工場地帯のイメージですが、そうしたところにマンション需要が増大したのです。

尼崎の不動産業界は、阪神・淡路大震災を受けて活況を呈したわけですが、やはり少々供給過剰になってしまいました。 このことからマンションの価格の下落などの不動産面ではマイナスの影響がでているのは事実です。 逆に言えば、三宮や京都、大阪には至近の地の割には尼崎に不動産を求めるのはお手軽な物件を得られるという状況になっています。 尼崎駅の周辺も最近リニューアルされ、非常に住みやすい街に変貌しつつあります。昔の工場地域のイメージは海岸部を眺めると確かにありますが、逆に夜景はそれ特有の美しさがあるともいえます。 なんといっても尼崎は交通の便が良いというのが大きなポイントです。人気の篠山などの丹波にも電車が走っており、週末観光にも最適な地です。 尼崎は今、工場の街から住宅の街へと変貌しつつあるといことが言えます。